【初級編】所有者・使用者の氏名又は名称と使用の本拠の位置について

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【初級編】所有者・使用者の氏名又は名称と使用の本拠の位置について

space

今回は、車検証(自動車検査証)に記載している
所有者・使用者の氏名又は名称と使用の本拠の位置について解説したいと思います。

     

まずは車検証の見本 http://jyuretu.com/shakensho


「X」は所有者の氏名又は名称と住所になります。

自動車を新車で購入したのに、ローンなど割賦販売した場合などはこの欄に自動車会社の名称と住所が明記されています。

よくあるケースですが、個人売買でローン会社を通さずに販売し、所有者は自分にして、使用者を販売者にしているケースがありますが、陸運事務所の税務事務所で、使用者課税として登録しなければ自動車税が所有者の自分に課税されてしまいます。

ローンで購入した場合は使用者に課税されますが、リース車両は、リース会社にお金を払い、車を借りているので自動車税はリース会社に請求されるようになっております。
これを所有者課税といいます。

「Y」上記のように、所有者は別だが、使用者が自分の場合はここに住所・氏名が記載されます。

車庫証明の申請者の住所がココになります。

「Z」この項目は一般的ではありませんが、下記のような状況では別住所が入ります。

法人(会社で)ローンで購入し、所有者が自動車会社となり法人の本社が東京で、法人登記をされているが、大阪に営業所があり、ここは法人登記をしていないが、駐車場は本社の東京で契約をしている。

このような場合は、使用の本拠の位置が大阪の住所になります。

【裏ワザ】

「Z」使用の本拠の位置は、法人だけでなく、個人でも使う場合があります。

それは、別荘などを所有しており、別荘地で車を保有する場合などは使用の本拠の位置が別荘地になります。

警察署に車庫証明を提出する場合、住民票と異なる住所となるので、公的期間(電気・水道・ガス)の領収書に現地の氏名と住所が記載されているコピーを提出するか?

消印のある郵便物を提出することでも住民票以外の土地で車を保有する事が可能です。

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報




ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。