【上級編】ブレーキオイル DOT(ドット)

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【上級編】ブレーキオイル DOT(ドット)

space

今回のテーマは、かなりマニアックなブレーキオイルのお話です。

ブレーキオイルに拘っているドライバーは、走り屋もしくはサーキットでレース活動をしている方だけではないでしょうか?

エンジンオイルにも性能があるように、ブレーキオイルにも当然ですが、性能と規格があります。

ブレーキオイルの規格で一般的なのが、DOT(ドット)です。

国産車の標準ブレーキオイル規格は現在DOT3です。

ちょっと専門的なお話になりますが、高速でブレーキを強く踏むと、ブレーキは発熱します。

ブレーキは動力を熱エネルギー変換をすることで減速する仕組みです。

特に高速では重たい車体を減速させるためにブレーキの温度は非常に高温になります。

大気圧の話は抜きにして、水の沸点は100度です。

当然ですが、オイルにも沸点は存在します。

規格ではDOT3の沸点はドライで205度以上、ウエットでは140度以上となっております。

また、運転に慣れない方が、山道などの下り坂を走行すると、絶えずブレーキペダルに足を乗せた状態で走行している光景をよく目にします。

ブレーキを軽く踏んだ状態でも長い下り坂を走り続けると、ブレーキ温度は上がり続け、その結果ブレーキオイルが沸点に達してしまいます。

ブレーキオイルが沸点に達すると、ブレーキオイルの中に空気の気泡 が発生し、その影響でブレーキが突然効かなくなるペーパーロック現象 が発生します。

ペーパーロック現象が発生すると、ブレーキは踏んでもスポンジを 踏んでいるかのように、スカスカになり、ブレーキは全く効きません。

長い下り坂を安全に走行するのであれば、必ずブレーキペダルから足を離す 時間を作るように心掛けてください。

シフトレーバーをDレンジから2速に落とすだけでもブレーキを踏む 時間は大幅に少なくなります。

以前、配信したメルマガでは、ブレーキの温度について掲載しましたが、 ヨーロッパ車では、アウトバーンを時速200kmで走行することも ありますから、当然ですが、日本車よりも沸点が高いオイルを使用 しなければいけません。

ヨーロッパ車では、一般的にDOT4のオイルを使用しています。 規格ではDOT4のドライ沸点は230度以上 ウエットでは155度以上となっております。

【裏ワザ】

車のブレーキオイルをご自身で交換されるユーザーは皆無に等しい。
と思われますが、ブレーキオイルの性質は、大気にさらすと、水分を吸収することがあります。

水分を吸収したブレーキオイルは、水の沸点が100度なので、坂道などで 強めにブレーキを踏んだだけで、沸点に達し、ブレーキが効かなくなってしまいます。

あと、ブレーキオイルは、塗装に悪影響を及ぼすオイルでもあるため、 ブレーキオイル交換またはブレーキオイルが漏れ出した場所は水で綺麗に 洗い流さないと塗装が剥げることになります。

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報




ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。