【初級編】排気ブレーキ

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【初級編】排気ブレーキ

space

普通乗用車しか乗られたことが無い人には排気ブレーキなんて言葉は耳にしたことが無いと思いますが、主に3.5t以上のトラックやバスには通常の足で踏むブレーキ以外に補助的なブレーキが付いています。

トラックやバスなどは荷物や乗車人数により車両の重さが大きく変わります。

過去のメルマガでもご案内しましたが、車は速度の2乗という法則が働きます。

時速を2倍にすると制動距離は4倍になります。

そして重さが2倍になると制動距離も4倍になってしまいます。

乗用車に比べて積載状況によっては2倍近くもなる車両ですからブレーキの効き具合も大きく変わってしまいます。

そこでディーゼルエンジンは排気ブレーキを装備しています。

乗用車のワイパーレバー(国産車であれば左レバー)を動かすと排気ブレーキのスイッチが入り、補助ブレーキが作動します。

この排気ブレーキの仕組みは、マフラー(排気管)の中に詮をすることでエンジンブレーキが効く仕組みです。

通常のエンジンブレーキに比べて約1.8倍もの効きがある。といわれております。

排気ブレーキをONにして、エンジンブレーキを効かすと、「ゴーッ」という排気音になり、アクセルを踏んだ瞬間に解除され「プス」と音を立てて黒煙が出ることもあります。

【裏ワザ】

過去には、高速道路で排気ブレーキを効かせたトラックに乗用車が追突する事故が多発しました。

排気ブレーキはブレーキラップが点かなかったために、追突する事故でした。

現在では、「排気ブレーキ作動中」などのランプが点灯し、後続車へ追突の危険性を知らせる車両もあります。

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報




ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。