【初級編】タイヤのパンク

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【初級編】タイヤのパンク

space

タイヤをパンクさせた経験があるドライバーの数は減ってきている。と思います。

これはタイヤの技術が格段に向上したことにより、タイヤがパンクをしなくなっているためです。

この一番大きな理由はタイヤの骨格でもある「カーカス」が斜めになっているバイヤスタイヤから「カーカス」が縦方向になったラジアルタイヤになり、次にスチールラジアルタイヤへの進化だといえます。

※「カーカス」が縦方向になると、操縦性が上がります。
※スチールラジアルタイヤとは、骨格部分に銅線を使用している。

他にもパンクがしにくくなった理由は沢山あります。

よくよく考えてみると自転車のタイヤは良くパンクします。

これはタイヤのタイヤ自体の素材も軽くて軟らかいゴムをしようしているからですが、現在の自転車のタイヤと車のタイヤは大きく異なります。

大きな違いは、タイヤのチューブです。

自転車にはタイヤの内側にチューブが入っており、自転車屋さんでパンク修理をする時にタイヤを捲って穴の空いたチューブを修理します。

しかし、現在殆どの乗用車にはタイヤはチューブが入っていません。

この理由は、自転車のホイールは現在でもスポーク(針金が付いたホイール)があり、チューブを入れなければスポークの接続部分から空気が抜けるために自転車ではチューブを使用しなくてはならず、その逆にホイール・タイヤの技術が向上したことにより、自動車ではチューブを使用しなくても使用できるようになりました。

チューブレスタイヤの一番のメリットは、タイヤをホイールから外すことなくパンク修理ができることです。

チューブレスタイヤのパンク修理は、穴の空いた場所に工具で更に大きく穴を開けてから接着剤と補修用のゴムを詰め込んでパンク修理をします。

とても簡単で、ガソリンスタンドでは¥2,000程度で修理ができると思います。

【裏ワザ】

パンクをしない画期的なタイヤとして最新の高級乗用車には「ランフラットタイヤ」が標準装備されている車両があります。

ランフラットタイヤを標準装備している車両にはスペアータイヤ(テンパータイヤ)が無く、その分 車体の軽量化やトランクスペースが広くなっています。

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報




ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。