【初級編】ハードトップ車

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【初級編】ハードトップ車

space

最近の乗用車ではミニバンが主流となっています。

ミニバンが注目されてきたのは、1994年に発売されたホンダの「オデッセイ」がセダン中心の時代を変えてきた。

とも言えるかもしれません。

それまでは、乗用車といえばセダン

そして高級感がある。として人気だったのがハードトップでした。

しかし、現在では4ドアセダンは見掛けますが、4ドアハードトップのセダンの新車は見当たりません。

若い方はハードトップとう言葉すら聞いたことがない人も多いのではないでしょうか?

今日はハードトップについて解説したい。と思います。

4ドア ハードトップとは、4ドア セダンの後部ドアが取り付けている支柱が屋根まで繋がっていないタイプです。

この支柱をセンターピラーと言いますが、窓を全開にした時に開放感があり、広く感じられることがメリットです。

しかし、現在のように鋼材の技術が進歩していなかった時代でしたから様々な弊害がありました。

その弊害とは・・・。

センターピラー(支柱)が屋根まで繋がっていなかった為に

1.車両下側の強度を上げるため、40kg程度は重くなる。
2.縁石などに乗り上げると、車体が歪む
3.多走行車両は、車体が歪んで前後のドアガラスの隙間から雨水が入る。
4.同時に走行時、前後のドアガラスからキシキシと異音がする。
5.ドアを閉める時に、力を入れて閉めなければならず、半ドアになる。
6.安全上の問題で消滅していった。

【裏ワザ】

4ドア ハードトップが無くなった大きな理由のひとつが、安全上の問題です。

センターピラーが無いために、側面衝突時に運転席・助手席側部が弱く多くの負傷者や死亡者が出ました。

ハードトップが少なくなった大きな理由は安全上の問題と言えそうです。

※トヨタ アイシスなど一部の車両では、助手席側のピラーが無い車両がありますが、前後のドアを閉めると、ドア自体がセンターピラーの役目をすることにより、ピラー無しでも安全性を実現しています。

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報




ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。