【初級編】自動車エンジンの種類(ディーゼル車)

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【初級編】自動車エンジンの種類(ディーゼル車)

space

今日は一般的ではありませんが、一部の乗用車や貨物車に使用されているディーゼルエンジンについて解説してみたい。

と思っております。

ディーゼルエンジンといえば、黒鉛を撒き散らして走るイメージがありますが、環境問題がクローズアップされたことにより、ガソリン車と遜色ない程度にまで排ガスがクリーンになりました。

軽油はガソリンと異なり常温では揮発しない(蒸発)しない燃料です。

知っている人は知っていると思いますが、ガソリンエンジンにはスパークプラグといって、エンジン内で燃料を爆発させるために着火させる電装部品が付いていますが、ディーゼルエンジンにはこのスパークプラグが付いていません。

燃えやすい燃料であるガソリンなのに、ガソリン車には着火させる器具が付いているのに、燃えにくい軽油を使用するディーゼルエンジンには着火させる部品が付いていないのは不思議だと思いますよね。

実は、ディーゼルエンジンは爆発させるためにエンジン内に空気と軽油が入ると、ガソリンエンジンに比べてかなり高い圧力で押さえつけます。

これを専門的な言葉にすると、圧縮比が高い。といいます。

ガソリン車に比べてかなり高い力で圧縮させることにより、エンジン内で自然発火する仕組みがディーゼルエンジンなのです。

この圧縮する力が強いために、エンジンが始動すると振動が大きく、コロコロやカリカリといった音がします。

そして、圧縮比率が高いためにエンジン始動時に大きな力が必要となります。

同じ車種でガソリン車とディーゼル車がの2種類のタイプがある車両ではディーゼル車はバッテリーが大きいタイプが装着されています。

【裏ワザ】

ディーゼルエンジンは圧縮比が高いので、ガソリン車に比べてエンジンの回転数が低くなります。 エンジンの回転数が低い。

ということは、空気と燃料を吸い込む量が減ることで、燃費性能が高くなっています。

また圧縮比が高いので、低速の力が大きいのが特徴です。

重たい荷物を乗せて走るトラックなどの用途にはピッタリのエンジンといえます。

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報




ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。