【初級編】バッテリー上がりの対処法 4段階中の 4段階目

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【初級編】バッテリー上がりの対処法 4段階中の 4段階目

space

この状態はバッテリーが完全に死んだ状態です。

この状態からエンジンを復旧させるのは、とても大変です。

この現象は、どのような状態か?というと、ドアを開けてもルームランプが点灯しない。

キーを回しても、メーターパネルの警告ランプが全く点灯しない状態です。

これは完全にバッテリーに電気が蓄積されていない状態です。

このような状態では、自車よりもかなり大きな車に電力を供給してもらわないとエンジンが始動できないうえ、たとえエンジンが始動できてもブースターケーブルを取り外した瞬間にエンストしたり、数分後にンジンが停止するほど危険な状態です。

このような場合は、その場でバッテリー交換をするのが一番ですが、ここでは、ちょっとバッテリー以外の故障が考えられるので、【裏ワザ】で紹介します。

【裏ワザ】

エンジンが始動できなければ、バッテリーが悪い!と考えてしまいますが、実は、バッテリー上がりの原因の一つに、発電機の故障が考えられます。

いくら新品のバッテリーを交換してエンジンが始動しても、発電機が故障していれば、必ずバッテリーは上がります。

ですから、必ず発電機が故障していないか?を確認することが重要です。

発電機が故障していないか?を確認するのはとても簡単です。

それは、エンジンが始動してからバッテリーのマイナス端子を外してもエンジンが動き続けていれば、発電機は発電しています。

発電機が故障していれば、バッテリーのマイナス端子を外した瞬間にエンストします。

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報




ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。