【初級編】白バイに追尾されてスピード違反に

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【初級編】白バイに追尾されてスピード違反に

space

つい先日の話になりますが、知人と車で早朝から遠方に出掛ける用事があり、夕方に戻る途中に寝不足だったこともあり、高速道路で車の運転を代わってもらいました。

事件が起きたのは、高速道路を降りてからでした。

高速道路では制限速度表示がなく、時速100km程度で走行していたのですが、高速道路を降りてから一般道に入ったのですが、信号も少なくスムーズに流れる道になっていました。

一般道は制限時速40kmで、長時間 高速道路を走行していたこともあり、スピード感なく走行していると背後から急にサイレンが鳴りました。

後ろを振り返ると白バイに捕捉されていました。

白バイ隊員に先導されながら停車すると制限速度40kmの場所で69kmと29kmオーバーとのことでした。

私が運転しているのではありませんでしたが、一般道では30kmを超えると免停になるところでしたが、ギリギリの29kmオーバー。

違反点数は3点、反則金は¥18,000とのこと・・・。

時速30km超過だったらお願いをしてオマケしてもらえるのか?と思ったのですが・・・。

【裏ワザ】

久々に白バイをじっくりと見る機会でしたが、左ハンドルの下に捕捉時の制限速度と時刻がレシートになって印字される装備があり、そのレシートに拇印するシステムだったのでスピード違反のオマケはできませんでした。

今から10年ほど前までは白バイの排気量は750ccでしたが、今回捕捉された白バイは1300cc、その近くで捕捉していた白バイは800ccと白バイも規制緩和により排気量upしていました(笑)

そして白バイ隊員からは、私たちも人間ですから、制限速度を少しオーバーしても捕捉することはありませんが・・・。
というので。

じゃ、どの程度なら捕捉しないんですか?と尋ねると
まぁ、私なら制限速度から20kmを超えない程度なら・・・。と。

とても優しい白バイ隊員だったので、制限速度が30km超になる寸前で捕捉してくれたのでしょう!

※これはあくまでも目安でありますから、運転時には速度違反にはご注意を!

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報




ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。