【初級編】自動車登録番号又は車体番号について

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【初級編】自動車登録番号又は車体番号について

space

これから連載で車検証(自動車検査証)について解説してみます。

まず最初にナンバープレート番号である「自動車登録番号又は車両番号」について解説します。

まずは車検証の見本 http://jyuretu.com/shakensho


「A」の部分であるナンバープレートが印字されております。

車検証の見本は架空のナンバープレートですが、
神戸530ろ505
という番号になっております。

ご存知かもしれませんが、神戸の部分ですが、これは神戸陸運事務所の神戸ナンバーです。

たまにある例ですが、県境にお住まいの方が、駐車場の位置がお隣の県であった場合、これはお住まいの管轄ではなく、駐車場の位置が管轄する陸運事務所名になります。

例をあげると、住民票は東京都なのに、車庫証明が発行される車庫の位置が神奈川県の場合、神奈川県の横浜・川崎などのナンバープレートになります。

次に、ひらがな記号ですが、営業用(グリーンナンバー)があ行・か行となります。
また「あ」と「お」は区別がつきにくい事もあり、「お」→「を」となります。

また「わ」は本州のレンタカー、「れ」が北海道のレンタカーとなります。

ちなみに「し」と「ん」のナンバープレートは存在しません。

次は類別区分の3桁の数字ですが、過去は2桁の数字でしたが番号が枯渇する為に、3桁になり、希望ナンバープレートができるようになりました。

【裏ワザ】

4桁の希望ナンバープレートで選べる番号ですが、希望者は別として下2桁が「42」、「49」はありません。

そして、「0」のナンバープレートは存在しません。

「42-42」のナンバープレートはよく陸運事務所の見本として使われております。

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報




ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。