【初級編】自動車の種別、用途、自家用・事業の別、車体形状について

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【初級編】自動車の種別、用途、自家用・事業の別、車体形状について

space

今回は、車検証(自動車検査証)に記載している自動車の種別と用途と自家用・事業の別と車体形状について解説したい。と思います。

まずは車検証の見本 http://jyuretu.com/shakensho


の「D」が自動車の種別となります。

今回の見本では、小型となっておりますが、これが意外と大まかな区別となります。

軽自動車:排気量0.66リットル、長さ3.40m、幅1.48m、高さ2.0m 以下となります。

小型自動車:排気量2.0リットル、長さ4.70m、幅1.70m、高さ2.0m 以下となります。

普通自動車:車両総重量8t未満、最大積載量5t未満、定員10人以下

大型自動車:車両総重量8t以上、最大積載量5t以上、定員10人以上

これ以外に特殊自動車や二輪車がありますが、割愛します。

「E」の用途とはとても簡単で、乗用と貨物の2種類となります。

「F」の自家用・事業の別は自家用が自分の為に動かす車の事になります。
営業用が誰かの為に、お金を貰って動かす車になります。

「F」が自家用の場合の免許証は1種、営業用の用途が乗用であれば免許は2種となります。

「G」の車体の形状ですが、貨物は項目が多いので、乗用タイプに絞ると乗車定員が10人以下の乗用自動車で箱型、幌型、ステーションワゴン、オートバイ、側車付オートバイ三輪箱型、三輪幌型となります。

箱型とステーションワゴンの違いは箱型がトランク付きの乗用車でステーションワゴンがハッチバックタイプのトランク付きとなります。

【裏ワザ】

「D」の自動車の種別で、乗用車に多いのが、5ナンバーか3ナンバーの違いである長さ4.70m、幅1.70m、高さ2.0m以下をが5ナンバーになります。

最近、同じ車種でも5ナンバーと3ナンバーがあるのは、大体が横幅が1.70mを超えているからです。

この横幅は、ボディーの幅であり、サイドミラーは含みません。

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報




ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。