【上級編】電装品装着時の電流

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【上級編】電装品装着時の電流

space

今回のテーマは、自分で電装部品などを取り付ける方へのテーマです。


ご自身で電装部品などを取り付けない方には少し難しい話題でが、カー用品店などで販売されている電装品を自分で装着する場合には知っておいた方がいいお話です。


クラクションの音色が気に入らない!

などの理由で大音量のホーンなどに取り換えたりする場合は

リレー(継電器) http://sequence.e-sysnet.com/relay/relay.html
という部品を追加したり、ヒューズを別途取り付けたりしなければ正常に動かなかったり、ヒューズが切れるなどのトラブルが発生します。
※リレーを装着しなくても問題ない場合もあります。


家庭用の電圧は100Vで、交流方式ですが、普通自動車の電圧はたったの12Vしかなく、直流方式です。


※自動車はなぜ交流方式でなく、直流方式なのか?は次回以降のメルマガで解説したい。と思っています。


もう忘れたかも知れませんが、学校で習った電気では、電圧(V)「ボルト」×電流(A)「アンペアー」=電力(W)「ワット」となり、1秒間に1Aを消費する単位となります。


家庭用は100Vに対して、自動車は12Vなので、同じワット数の電装品を動かす場合には、約8倍の太さの電線が必要だったり、ヒューズの大きさが必要となります。


ですから、装着する電装品の消費電力から逆算して、配線の太さやフューズの大きさを決める必要があります。

【裏ワザ】

突入電力

自宅でヒューズが落ちる場合があります。
電子レンジをONにした時、エアコンのスイッチをONにした時など・・・。


大きな電力を消費する電化製品のスイッチを入れた瞬間にヒューズが落ちるのは、突入電力というものがあるからです。

よって、電装品を装着する場合、予め突入電力を考慮した上で設計しなければいけません。

突入電力は消費電力の2倍を目安にしてください。


電装品を装備する場合、消費電力から逆算をします。

30Wの電装品を装備する場合は

30W÷12V=2.5Aとなりす。

2.5A×2倍=5Aですから、5Aのヒューズと電線を使用します。

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報




ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。