【初級編】自動車エンジンの形状

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【初級編】自動車エンジンの形状

space

自動車エンジンには様々な形があります。

L型・V型・直列・水平対向など・・・。

型によって特性が異なり、時代の流れと共に大きく変わってきました。

今では見ることが無くなって来たL型エンジン。

昔のフェアレディーZやスカイラインなどのスポーツカーに採用されていましたが、姿を消していきました。

次にV型 現在多くのスポーツカーや大排気量の車の殆どはV型になってきました。

なぜV型になってきたのか? それはVの字になっているのでエンジンの下側のスペースが小さくて済むので、足回りのサスペンションなどのスペースが広く取れるため、省スペースでありながら有効スペースが取れやすいのが特徴です。

ただV型はエンジンの振動を抑える機能など技術的に高度な型になるので昔では技術的に難しかったのも事実です。

そして直列(並列)コンパクトカーなどの4気筒タイプのエンジンに多く、部品点数が少なく、コスト的にメリットがあります。

そして日本車ではスバルに多いマニアックなエンジンが水平対向です。

ポルシェなども水平対向のエンジンが多くなっていますが、文字のとおり水平とうこともあり、エンジンの高さが低く抑えることが可能となり、低いエンジンはカーブなどで遠心力の影響を受けにくいのと、フロントエンジンの場合、低い位置にエンジンがあるため、正面衝突した場合に、エンジンが足元のフロア部分に入り込んでいくため衝突安全性では有利になります。

【裏ワザ】

エンジンの型によって特徴的な音が違います。

V型は篭るような低い音
直列は甲高い音
水平対向はドロドロと低い音

エンジンの型によってエンジン音(排気音)は大きく異なります。

space
運転指導の匠
space

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画


ご注文 お問合せ

PageTop

ラジオ放送されました

ラジオ関西

ラジオ関西 558kHz
放映されました。

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

車庫いれ.com

車庫いれ.com

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

W3C
W3C css





掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。