【初級編】冠水による水没事故

縦列駐車.com スマートフォン専用サイト

【初級編】冠水による水没事故

space

今年の夏は本当に暑かったですね。

ようやく秋に向かいホットしていると思います。

そして今年の夏は猛暑だけでなく、恐ろしかったのは集中豪雨。

2010年7月15日に発生した岐阜県可児市で発生した集中豪雨は大型トラックが流される。という出来事がありました。

大型トラックの重さは約15tもあります。

乗用車10台分もの重さがある大型トラックが増水した川に流され、橋桁で止まっている。

自然の猛威は凄いものがあります。

そこで、冠水した道路で乗用車が走っている光景をニュース番組で観た方も多いと思いますが、どの程度なら車が冠水して動かなくなるかご存知でしょうか?

【裏ワザ】

車種により絶対とは言えませんが、一応の目安はマフラーの排気口までなら車は動きます。

それよりも高い位置になると、マフラーから水が入り、排気口を塞いでしまうので、エンストする恐れがあります。

また発電機部分が冠水しても漏電によりエンストするリスクが出てきます。

あと、冠水した車両は事故車扱いとなり、転売時には安値になります。

space
運転指導の匠
space
商品一覧 お問合せ

大型トラックの縦列駐車方法 縦列駐車 コツ動画

ラジオ放送されました

ラジオ関西

ラジオ関西 558kHz
放映されました。

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日の番組
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

車庫いれ.com

車庫いれ.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

W3C
W3C css



ご注文について Webご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。